上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例えばこんな牌姿の場合、西をとっておくべきなのか
オタドラ



局数、巡目、点差、河状況などで判断はわかれるだろうけど
例えば、南2あたりで、自分が4着13000点、3着が22000、自分にもう親番がないとき

普通に見れば余剰牌の爆弾にしかならないオタ風ドラ
でもツモれば3900、5200、果ては8000まで見える

オタ風ドラを抱え込むのは
天鳳鉄板強者の意見は、ありえない、即切りが多い気がしますが
客観的に見て、リスクとリターンの割合はどうなんだろう?

簡単な計算式で検証してみました
まず結果を載せておきます

グラフ


巡目   確率[%]
1     2.44
2     4.84
3     7.20
4     9.52
5     11.80
6     14.04
7     16.25
8     18.41
9     20.54
10     22.63
11     24.68
12     26.70
13     28.68
14     30.63
15     32.54
16     34.41
17     36.25
18     38.05



思ったよりかなり少なかったですね…




前提条件:配牌時に西(オタ風ドラ)が一枚あるものとする。赤ドラは考えないものとする
       1巡目~16巡目までに西をもう1枚ツモる確率を求める

麻雀牌は136枚。配牌時に13枚配られるので残り牌は123枚
1巡目に残り3枚のドラをツモる確率は1-120/123
1巡目にツモれず、2巡目にツモるかもしれない確率は1-120/123×119/122
2巡目までにツモれず、3巡目にツモるかもしれない確率は1-120/123×119/122×118×/121



17巡目までにツモれず、18巡目にツモるかもしれない確率は1-120/123×119/122×…×103/106


グラフは上記の式で書いたものの、もっと単純に考えると
麻雀牌の種類は34種類。そこから西を引き当てる確率は1/34≒3%
この3%*巡目で計算しても、8巡目までなら誤差は10%も出ないので
実戦ではこれで計算するといいかもしれない

考察
体感、少なすぎる…。簡単の為に赤ドラは関与しないものとして進めたけれど
赤ドラの分も考えて進めないと、現段階ではドラを抱え込むリスクは
リターンに見合わない気がした
しかし、南2で仮にこの手を1300点~2000点であがっても南3、南4で
相変わらず苦しい事には変わりない
満貫出現率が25%、和了率が20%とすると、満貫達成率は5%
オーラスに行き当たりばったりのこの5%にかけるよりは
8巡までに西をツモる確率16%にかけた方が現実的なのかもしれない
スポンサーサイト
ryanmenkan.gif

ターツオーバーのこの手牌。何を切るのが、一番受けが広いですか?


... 続きを読む
本当は書こうか迷って一度止めた記事なのですが
やっぱり書くことにします

... 続きを読む
東1局西家7巡目

tehai.gif

どうしますか!

... 続きを読む
【雀龍門】麻雀用語をうまく言えない私が麻雀実況 最終回(仮)の22:40頃の牌姿からです

リーチ



... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。